サンプル版法令試験

0%
0 votes, 0 avg
401
Created on

法令試験サンプル

(注意事項)

1.設問の文中において、法令等抜粋している設問の中には文言を一部省略しているものもあります。
2.各設問の語句の定義については、各法令の定めによります。
次の問題の文章で正しいものに○を、誤っているものに×を選択してください。

1 / 5

問題21-2(過労運転の防止)
一般貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者として選任してはならない者を、次の中から1つ選び( )に記入しなさい。(貨物自動車運送事業輸送安全規則)

ウ.試みの使用期間中の者(14日を超えて引き続き使用されるに至った者を除く。)
エ.事務職として採用した正規職員

2 / 5

問題10(過労運転の防止)
一般貨物自動車運送事業者は運転者が長距離運転又は夜間の運転に従事する場合であって、疲労等により安全な運転を継続することができないおそれがあるときは、あらかじめ交替するための事業用自動車を配置しておかなければならない。(貨物自動車運送事業輸送安全規則)

3 / 5

問題22-2(事業報告書及び事業実績報告書)
一般貨物自動車運送事業者は貨物自動車運送事業報告規則に定める報告書を、提出期限までに提出しなければならないことになっています。次の報告書の報告期間及び提出期限をア~カの中から選び( )内に記入しなさい。(貨物自動車運送事業報告規則)

②事業実績報告書 (   )

ア.前年1月1日から12月31日までの期間に係るものを毎年5月31日まで
イ.前年4月1日から3月31日までの期間に係るものを7月10日まで
ウ.前年10月1日から9月30日までの期間に係るものを毎年12月31日まで
エ.毎事業年度に係るものを当該事業年度の経過後100日以内
オ.毎事業年度に係るものを当該事業年度の経過後120日以内
カ.毎事業年度に係るものを当該事業年度の経過後毎年5月31日まで

4 / 5

問題11(点呼等)
一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を開始しようとする運転者及び乗務を終了した運転者に対する点呼において、運行管理者(補助者)の勤務時間等都合による場合は、対面に代えて電話による点呼を行うことができる。(貨物自動車運送事業輸送安全規則)

5 / 5

II. 次の問題18から24の文章の指示に従って、質問に答えなさい。

問題18(事業の譲渡し及び譲受け等)
次の申請のうち、国土交通大臣の認可を要するものとして誤っているものを 1 つ選び( )内に記入しなさい。(貨物自動車運送事業法)
ア.事業の譲渡し及び譲受け
イ.法人の合併及び分割
ウ.事業の休止及び廃止

Your score is

0%